オリゴ糖 妊婦

オリゴ糖が妊婦にお勧めの理由3つ

妊娠していると、下痢や便秘が母体にとっても天敵になります。もちろん胎教にもよくありませんよね。ではどうすれば下痢や便秘にもならずベストな状態を保ち続けられるかが課題となります。そこでオリゴ糖の出番なのです。

 

オリゴ糖が妊婦に優しい理由をこれから見ていきましょう。

 

赤ちゃんに悪影響を与えない

まず一つ目は、母体にとって安全だということです。もちろん赤ちゃんが間違って口にしてしまっても何ら問題はありません。妊娠中に母親がそれを食べても大丈夫です。薬で下痢や便秘を防ぐという方法もありますが、実際にどうなるかはわかりません。おなかの中の赤ちゃんにも悪影響を与えるかもしれません。そんな状況になりたくありませんよね?薬よりも、オリゴ糖のほうが栄養面でも健康面でもおすすめなのです。

 

効き目が早い

オリゴ糖の種類にも左右されますが、オリゴ糖は取り入れてからの効き目の早さが特徴なのです。早くて2〜3日で聞くのです。そのため、今現在便秘や下痢に苦しんでいる人は早めにオリゴ糖をとるということが大切なのです。

 

腸内環境が改善される

また、オリゴ糖はおなかの中の悪玉菌や細菌を取り除くビフィズス菌を手助けする役割も担っているのです。また腸の運動も活発になるので下痢や便秘も改善されます。腸内が改善されるということは、おなかの中の赤ちゃんが育っているところも自然と居心地の良い環境になるということです。また、美肌効果もあり、ニキビや肌荒れを改善する効果もあるのです。

 

妊婦になると「とにかくリンゴを食べろ」と言われることがありませんか?それはリンゴにもアミノ酸が含まれているからなのです。加えてリンゴは値段があまり張らないので簡単に手に入りやすく食べやすいため、つわりなどに苦しんでいるときにおすすめの食べ物の一つとなっているのです。このように、アミノ酸は妊婦を手助けしてくれるので、赤ちゃんのためにも積極的に取り入れていきましょう!